オンライン販売開始 Yahooショッピング「eme-audio、Zorloo、T-PEOSの商品ストア」はこちらから


ZuperDAC 2.0のご紹介です。

26_shop1_5940191

まだ販売検討中なのですが。。。。。

展示会では初代ZuperDACを展示していましたが、2.0は

「up to 384kHz/32bit」

ESS製 「ES9018Q2C」 / XMOS製 「XU208」を採用した高SPEC機種

 

詳細はこちらで!!!

http://eme-audio.com/usb-dac/zuperdac-2-0

スピーカーを自作してみました。

自作SP

黒い物体が自作スピーカーなのですが、、、、

すいません、写りが悪くて。。

このユニット、実はとても小さいです。

IMG_8997

このぐらいです。

でもパワーがあるので自作トライ!

エンクロージャーの内部寸法は幅40mm、縦110mm、奥行50mm。

そのサイズに板厚が9mmプラスされます。

でもまだまだ小型!

AKと比較するとわかりやすいですね。

実は初めての自作スピーカー。

手持ちの箱でさくっと作ったことは事はありましたが、いやいや、今回は

考えていたより、とてもとても簡単ではなかったです。

電動工具でcutするのも、集中しないと正確に寸法がでないですし。

1mm違うと隙間あきますし。。。

そんなこんなで。。。。

試聴してみると、綺麗な中高域を奏でてくれます。

しかし、やはり小型ユニットですので、低域感はもう少しあってもいいかも。

という事でバスレフを作成!

本体はアクリルで。

image1

ついでにampも。BT仕様で。

これはパワフルです。

いい気になって音量up!

 

で、パッシブ付きも作成!

image2

楽しめます~~~。

イヤホンもいいですけど、家では据え置きスピーカーもいいですね。

自作してみます????

どうですか!このケーブル。

圧縮

今までのeme audioのケーブルにはない、個性的なケーブルになりました。

素材は太めの4NのOCC。

fitear須山さんに試聴して頂きましたので、fitear用はありです!

少しお待ちください!

 

この3種類も思案中です~。

image1

IMG_0077

IMG_0078

 

 

ヘッドホン祭りに出展した試作品です。

先ずは「ヘッドホンアンプ+メモリー機能」オーディオです。

IMG_0347

左は最終デザインに近いモック。右は最初の実働試作品です。

機能としては、アナログ入力のヘッドホンアンプが基本です。

スマホのアナログ出力にこのφ3.5mmプラグを接続し、

アナログ出力にイヤホンを接続すればOK。

ここまでは普通のヘッドホンアンプです。

で、これは録音機能がついています。

携帯電話とつなげれば、自分の声と相手の声、つまり通話が

そのまま録音できます。

携帯電話で残したい会話や、ビジネス通話等で後から聞き直したいとか。

携帯電話につながなくても、そのまま録音機としても使用可能。

何気ない会話や会議の内容等、使い方いろいろですね。

まだまだ試作ですけど、次回、展示会で!

 

お次は「Aero」。

IMG_0348

ライトニング仕様、ですからデジタル入力のDAC内蔵アンプ

のイヤホン一体型です。

入力はアンドロイド仕様も選べます。

DAC+アンプは、ESS製SABRE9018Q2C。

凄いです。

イヤホン本体の素材はアルミ、かつ脱着可能で、色や音質が選択可能。

楽しみですね~~。

 

で、カスタムイヤホンサンプルです。

image112

将来を見据えて(?)の最初の試作品。

ドライバー数はいろいろですが、まずはトライしました。

今回は試作なので、まずは検討用として外に抵抗を付けて特性もある程度

変化できるようにしました。

お客様との共同開発サンプルです。

これも次の展示会で進化するかもです!

 

これはお客様のサンプル。

半年ぐらい前に展示会で聞かせてもらって、

「こりゃ、素性がいいな」と思い、今回展示させていただきました。

IMG_0339

BAをイヤーチップに埋め込んだイヤホン。

ストレートに楽曲が伝わってきます。

 

最後はBTスピーカー。

IMG_0350

展示会では鳴らせませんでしたが実力は高いです。

奥は小さいながらに高音質、手前はガッツンとくる量感。

聴いてほしかったです。。。。

ヘッドホン祭りに出展した製品の紹介です。

全部ではありませんので、追ってちょこちょことupします。

今回はイヤホン、ケーブルです。

 

先ずはケーブルです。

詳細は追って「ケーブル一覧」に掲載します!

「EC-10SP」

素材:「6N(99.9999%)OCC/銀メッキ/8本編み」

展示会で一番好評でした。

会場で受注して頂きました。ありがとうございます。

エネルギー感も解像度も自然ななりっぷりです。

素材は最上級ですし、線形の重量感もある8本編みなのに

取り回しも柔軟性もとてもとても良いです。

かつ、美しくて存在感のある逸品ではないかと。

ちょっと写真は暗っぽいですが、実際見るとこれぞ質感ある銀色!

image1

image3

 

そして、

「EC-11SP」

素材:OFC/銀メッキ/8本編み

展示会で好評!

これも会場で受注して頂きました。ありがとうございます。

中高域解像度はとても繊細で新鮮な仕上がり。

素材も吟味し、8本編みながら取り回しも柔軟性も良いです。

可憐な逸品!

image1

image2

 

で、

「EC-12SP」

素材:OFC/銀メッキ/4本編み

全帯域、聞きやすく軽快でバランスが良い仕上がり。

銀メッキだから質感、光の反射具合も綺麗。

cuteな逸品!

image1

image3

 

 

お次は、OPUS 1S です。

07

image5

image1

image6

全モデルの OPUS 1 ではダイナミックBAを採用していましたが、

今回は更に吟味した新規BAを採用。

華麗で人体工学的な理想的本体構造に合わせこみ、理論的に

チューングを施しました。

詳細は追って「イヤホン一覧」に掲載します!

 

 

お次は試作サンプルのイヤホンです。

「ダイナミックドライバー/エントリーモデル」

ダイナミックドライバーのエントリーモデルながら、イヤホン本体も

ケーブルも触りたくなるほどの質感で仕上がりました。

暖かく、厚みのある「真空管音質」をコンセプトにチューニング。

ケーブル素材も、プラグからL/R分岐までは、きっちり編みこみ。

接触面積が少ないからタッチノイズも少ないです。

分岐点から本体までは編みこみがほんのりわかる表面仕上げ。

ちょっとわかりにくい写真ですけど、ダイナミックドライバー出口の

穴径、穴数も大切な音質要素。

マニアの方も満足できるエントリーモデルです。

心安らぐ逸品に!

image2

image5

image3

展示会に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

去年の秋葉原12月、中野2月の展示会に出展できていなかったので、

ちょっと久しぶりでした。

 

展示会に出展した製品、追ってご紹介したいと思いますので

みてくださいね。

素材を吟味したケーブル/ミニミニケーブル 「エロティックライン」

ヘッドホン祭りで出品しているケーブル。

今回初めての素材もあるので、種類も豊富に展示。

プラグや端子も選べるし、素材によっては2色選定もOKです。

展示会時に発注可能です。

99.99%の銀、99.9999%OCCと99.99995%OCC銀メッキのハイブリッド、

OCC銀メッキ、そして今回初お目見えの

99.9999%OCC銀メッキの8本編み、OCC銀メッキの8本編み等。

皆さん、試聴してください~~。

H-350 – 3ウェイハイブリッド/リケーブルイヤホン

これはH-350。

3wayのハイブリッド機です。ボディは心くすぐるチタン。

ヘッドホン祭りで試聴できます。

もちろん、リケーブルですから、素材違いのケーブルで音質の違いも

楽しめますよ~~。

H-250も一緒です。

リケーブル入門機のD-150も試せますよ!

是非是非。

こんなの、展示しようかと。

先ずはOPUS1Sです。

全モデルと音質、かなり変わってますよ。

新しい技術人員が開発です。

IMG_0336

 

それからケーブル。

まだ未発売。。。。

IMG_0337

 

これ、まだサンプル出展ですけど、ワンドライバー機種。

これからまだ音質追及です。一聴を。

IMG_0335

 

これは、、、、、、、

なんでしょう、、、

IMG_0334

 

では、ヘッドホン祭りでお逢いしましょう~~

fb

今度のヘッドホン祭りに 「OPUS 1S」 登場しちゃいます。

OPUS 1が艶やかに進化したから1Sに!。

乞うご期待です!